So-net無料ブログ作成

護摩壇山・高野山珍道中6 [伊都]

護摩壇山・高野山珍道中1

護摩壇山・高野山珍道中2
護摩壇山・高野山珍道中3
護摩壇山・高野山珍道中4

護摩壇山・高野山珍道中5

一の橋から水掛地蔵までの参道は、戦国大名など、
著名人の墓が建ち並ぶ。
多分、そういう有名人の墓って、
ほんとのは地元にあって、高野山にも建てているんでしょうかね。
そうでないとメンバーがすごすぎます・・・

凍る参詣道.jpg
一の橋からの参道

毛利.jpg

まずは三本の矢の話で有名な毛利家の墓所。
毛利元就の三人息子を祀っているから、三基の五輪塔なんかと思いましたが、
よく考えたら下の二人は養子に行ってるので、毛利家には祀られませんよね・・・

上杉.jpg

こちらは上州上杉家の墓所。もはや墓というより、お堂です。

武田.jpg

こちらは武田信玄・勝頼親子の墓所。上杉謙信とは対照的にこぢんまりとした佇まいが印象的でした。

実は、上杉家の墓所と武田家の墓所は参道を挟んでほぼ向かい合って建っています。
ですので、ツアーのガイドさんなんかは、

「ここでは参道を挟んで、両者にらみ合い、今でも川中島の合戦の続きをやっている」

なんて言ってます(^^ゞ さすがうまい事言いますね。

 

高麗戦争.jpg

最後に是非紹介したかったのがこれです。
「高麗陣敵味方戦死者供養碑」といって、和歌山県指定文化財にもなっています。

高麗陣とは豊臣秀吉による朝鮮出兵、いわゆる「慶長の役」ですね。
薩摩藩島津義弘、忠恒親子が、その戦死者の霊を供養するために建てたものなんです。
日本側だけでなく、朝鮮側の戦死者も供養しているところがポイントですね。

外国では、なかなかこういうものは無いかと思います。
戦争を仕掛けられた国はもちろん、仕掛けた国もです。

 

ところで、墓の入り口にはことごとく鳥居なんですよね。
よくよく考えてみると、ここは仏教、真言宗の聖地なんですから、何か変。
でも、神仏習合の時代には、神も仏もみな一緒。これが当たり前だったんでしょうね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

護摩壇山・高野山珍道中5 [伊都]

護摩壇山・高野山珍道中1
護摩壇山・高野山珍道中2
護摩壇山・高野山珍道中3
護摩壇山・高野山珍道中4

今回で最終回と思いましたが、思ったより長くなったのでもう1回やります(^^ゞ
次回こそ最終回になると思いますので、もうしばらくおつきあいくださいませ。

珍道中の後半は奥の院へ

爪氷柱.jpg
水掛地蔵

奥の院入口.jpg
中の橋駐車場より参道を臨む

水掛地蔵手前の無縁さんと思われる石像の山。
当然のことながら、ご覧のとおり、雪に埋もれて寒そうでした。
埋もれる.jpg

雪の無縁さん.jpg

奥の院の手前にある水掛地蔵は、"氷掛地蔵"になっていました。
至る所につららが垂れています。
氷を掴む.jpg

三鈷杵に垂る氷.jpg

凍る柄杓.jpg

凍る水甁.jpg

水掛地蔵横の御廟橋をわたると奥の院の聖域。
撮影はもちろん禁止、帽子もかぶってはいけません。
奥の弘法大師御廟をご覧になりたい方は是非直接お越しください。

今回は護摩木に名前と願い事を書きお供えしました。
願い事は家内安全とかごく一般的なことを書きましたが、
緊張して字を間違っちゃった・・・
上から正しい字を無理矢理書き足しましたが、大丈夫かなぁ・・・

今日は何してもうまくいかん。
やっぱりこんな大雪の日に護摩壇山へ向かうなんて無謀なことを考えたもんだから
バチでも当たったのかも知れません。

弘法大師の御廟へお参りして、心を入替えたところで、
今度は一の橋方面へ向かう。
この参道ぞいには戦国大名など、著名人の墓が建ち並んでいる。

次回はそのことを書いて、珍道中シリーズ終わりにしようと思います(^^ゞ

雪の石段.jpg

双石像.jpg

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

護摩壇山・高野山珍道中4 [伊都]

護摩壇山・高野山珍道中1

護摩壇山・高野山珍道中2

護摩壇山・高野山珍道中3

雪山を甘く見すぎていた自分を反省しながら、
初めての雪の高野山に挑む。
前半は壇上伽藍を中心に撮った。

s20100114_1202_.jpg s20100114_1232__01.jpg

s20100114_1227_.jpg s20100114_1204_.jpg

その後、ツアー客がごった返してたので後回しにしていた金剛峰寺の庭園へ

s20100114_1141_.jpg

s20100114_1320_.jpg

s20100114_1408__01.jpg s20100114_1335_.jpg

s20100114_1400_.jpg s20100114_1417_.jpg

ああ、雪は難しい・・・
迷いが写真に現れてます。
本当は白トビ寸前の明るいけど階調性の残っている白を撮りたいんですが、
撮ることができず、結局、そう言うことは忘れて、楽しさ優先モードで撮り続ける。
でも時々思い出して、中途半端に挑戦して玉砕し、
またまた暗めに撮って後でPCで上げるといういつもの逃げに走るのだ。

ここはひとついっぱつ気合いを入れて、
いつも密かに拝見しているmikumanoさんに見習って、露出をとことん極めてみようかな。

                                                       まだまだつづく(次回多分最終回)

 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

護摩壇山・高野山珍道中3 [伊都]

護摩壇山・高野山珍道中1

護摩壇山・高野山珍道中2

JAFに電話すると、1時間ほどで到着するとのこと。ただいま時刻は9時過ぎだろうか。
こんな山奥に1時間ほどで到着出来るなんてやっぱりJAFはすごいな。

待っている間、退屈なのでちぎれたゴムを結ぼうと再挑戦したりするも全く駄目。
もしもの時のために買っておいたお菓子などをつまみ、そのうち寝てしまった。

車のような音で目が覚める。あ、もうJAF来てくれたんかな?
前を見るとJAFの車ではなく、除雪車が何台も連なってこっちに向かっている!!

急いで車をすみに寄せようとするも、登りは全然登らないので、
バックで下りの力を利用して道の右側へ車寄せする。
除雪車の方に声をかけられたが、JAFをよんでいるところなので心配ないと言うと、
ものすごい音を立てながら、除雪車は龍神方面へ去っていった。

JAFには左側に駐車しているといった手前、左側に車を戻そうと再度バックを試みる。

がしかーし!道ばたに積もる分厚い雪の層に阻まれ、バック出来ない!
困ったぞ。このままだとチェーンが外れた右前車輪にチェーンを再装着するにも、
雪が邪魔で装着出来そうにない。最悪レッカー車のお世話になるかも知れない。
そうなると更に時間をロスしてしまう。

アクセル加減やハンドル操作ではどうにも行かず、
スリップしている右前車輪にチェーン装着台をかませてみると何とか動いた・・・ほっ。

s20100114_1110_.jpg

程なくしてJAFの車がやってきた。うーん頼もしい(^^ゞ
ゴムの代わりとなるバネをきっちり装着し、更には反対側もきちんと装着し直してくれた。
やはり私のチェーン装着方法が甘かったようで、
チェーン装着の注意点まで教えてくださった。
これだけやって頂いて料金はゴム代わりのバネ代1,000円で済んだ!
ああ、JAF会員になってて良かったよ~

その後車は順調に進む。
こうして無事高野山までたどり着くことができ、
ガチガチに緊張していた私の体も、高野山の街並を見てほぐれていきました。
そして高野山のメインロードへ向かうT字路を左折・・・

ツルッ! うわー車がスピンするー!!!

対向車があれば衝突するところでした・・・
高野山の町中へたどり着いたといえどもまだ道は雪道。
再び気を引き締めてハンドルを握り直したのは言うまでもありません。

                                       つづく

s20100114_1110__01.jpg


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

護摩壇山・高野山珍道中2 [伊都]

高野山方面へ戻る道中、すっかり夜も明けていたと
思われるものの、雲と雪でずっと薄暗いまま。
もともと護摩壇山へは朝日を撮りに行こうとしていたので、
あきらめがつくのは早かったんですが、
普段見慣れない風景に心を奪われ、
車を停めては撮り、停めては撮りしていました。

s20100114_0730__03.jpg

s20100114_0731__02.jpg

それにしても、下りは結構安定した走行なんですが、
登りになるととたんにスリップして中々前へ進まない。
軽自動車でかつ2WD車だからだと思いますが、あせりますよ。

そのうち、またしても右前方から異音が・・・・今度こそやばいかも。
車を降りて確認すると、なんとっ!チェーンをとめるゴムがちぎれちゃってるじゃないですか!!!

ゴムを何とか結ぼうとしたりするもののうまくいかない。
試しに片輪だけチェーン装着状態で車を進めてみるが、1mも進まない。

ということで、人生で二度目となるJAFにお世話になることにしたんです(^^ゞ

あ!携帯繋がるかな・・・・

ほっ、かろうじて電波繋がってました。
去年、引越しを機に新居では通じなかったソフトバンクからドコモに鞍替えしといて良かった~
無理にソフトバンクで通していたら電波繋がるところまで延々と歩かなあかんところだったよ。

                                                    つづく


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

護摩壇山・高野山珍道中1 [伊都]

うちの職場の休みは火曜ともう一日不定期でもらえるんですが、
今週は木曜日、ちょうど寒波がやってきているということで、
あらかじめコー○ンでチェーンを3000円ちょっとで購入し、
龍神スカイラインと高野山へ行ってまいりましたっ!

いつもなら高野、龍神方面は有田川町経由で行くんですが、
もしもの時が怖いので紀の川筋から高野山を目指しました。

早朝3時半出発、少し遅いかなと思いつつ、
順調に高野山のふもと高野口まで来ました。
高野口から町石道沿いの道を通ろうとすると
「高野龍神スカイライン全面通行止め」と電光掲示板・・・
まあ、取りあえず高野山まで行くことにしました。

花坂の焼き餅屋まではチェーンなしでもいけましたが、
そこからは道一面に雪が積もり、ツルツルアイスバーン状態。
まだ5合目くらいだと思うんですけど・・・さすが高野山。
えらいもんで、チェーンを着けるとすいすい登ってくれる。当たり前か(^^ゞ

一応ダメ元で龍神スカイラインの入口まで行ってみる。
看板には「終日チェーン規制」とあり、バリケードも半分開いていた。
そうだよな。樹氷なんか撮ろうと思ったらこんな天気に行かないと撮れないもんね。
・・・と自分を正当化して、覚悟を決め前へ車を進める。時間はすでに6時。

s20100114_0616_.jpg

想像はしていたものの、和歌山県とは思えない雪景色。
昔スノボで信州あたりに行っていた頃を思い出した。
チェーンを着けているので、MAX30km走行。
中々思うように進まない。

ようやくかつらぎ町旧花園村まで来た。
この辺から雪の量がさらに増え、上り坂ではスリップしてしまう・・・
そのうち右前方にカラカラと異音が!!
チェーンを固定するゴムが外れ、
シャフトにチェーンが巻き付いていました。やばい・・・

なんとか再装着出来たので、再出発しようとすると、
1台のトラックが止まってくれて、

「この先雪60cm積もってるよ」

とのこと。護摩壇山までもうすぐのところだったんですけど、
ここは安全策をとり、戻ることにしました。

                                 つづく


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

雨後の御影堂 [伊都]

高野山壇上伽藍内 御影堂(みえどう)にて

山の天気は変わりやすい。
さっきまで雨が降っていても、
次の瞬間光が差し込むこともザラである。
そんな瞬間に、いつもと同じ風景も、いつもと違う表情を見せてくれる。

雨後の御影堂.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

高野山 根本大塔 [伊都]

大塔2.jpg

高野山のシンボル、根本大塔。
壇上伽藍の中央奥にそびえ立ち、大日如来をまつる。
朱の極彩色は高野山の中で十分な存在感を放つ。
「宇宙の中心」としてふさわしい威厳である。

大塔1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。