So-net無料ブログ作成
和歌山市・海草 ブログトップ

桜2012 in 和歌山城 [和歌山市・海草]

桜の写真撮りまくったので、アップしまくります[わーい(嬉しい顔)]

和歌山県和歌山市 和歌山城の桜です↓

20120407_1303_03.jpg

20120407_1326_02.jpg

20120407_1343_01.jpg

20120407_1345_04.jpg

20120407_1401.jpg

20120407_1404_04.jpg

20120407_1411.jpg

20120407_1416_02.jpg

20120407_1421_01.jpg

20120407_1425_01.jpg

20120407_1443_02.jpg

20120407_1449.jpg

20120407_1452_02.jpg

20120407_1457_02.jpg


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

泣き相撲 [和歌山市・海草]

和歌山県海南市下津町 山路王子神社 花相撲(泣き相撲)

熊野古道沿いにある山路王子神社は、熊野九十九王子社のうちの一つで、
今となっては石碑が立つのみという王子社が多い中、
「神社」の原形をとどめている数少ない王子社です。

ここでは毎年10月に通称「泣き相撲」と呼ばれる赤ちゃん同士の相撲が奉納されます。
勝負は1回ずつ負けるようにし向けられます。
負けた赤ちゃんはたいがいは大泣き。(勝った赤ちゃんも泣きますが・・・)
こうやって大泣きし、背中に土を付けることによって赤ちゃんの無病息災を祈願するという行事だそうです。

前々から行きたかったこの泣き相撲に初めて行ってきました。

渋滞が容易に予想されるので、原付で現場まで行く。これが大正解(^^ゞ
神社前は人だかりで、とてもじゃないけど車を停める状況じゃないです。

s20101010_1410_.jpg

これから自分が泣かされようとはこれっぽっちも思ってない「力士」達。
きょとんと辺りを見回す子、必死になってママを探し回る子、
色んな子がいてて、心が和みます。

20101010_1447__05.JPG

これから自分が泣かされようとはこれっぽっちも思ってない「力士」2。
でも、この子は結局最後まで泣かなかった。強い子だなあ。

20101010_1412__10.JPG

結局、ほとんどの子はこうなっちゃうわけですが、泣き方も色々で面白いです。
中には、ものすごい匍匐前進(ハイハイともいう)でママの所まで逃げちゃう子も(^^ゞ
そんなハプニングがあるたび、周りはどっと笑いに包まれる。
なかなか良い雰囲気です。力士達は必死ですが。

20101010_1440__12.JPG

今までの人生で予想だにしなかった出来事を乗り越えたちっさい力士達。
これからも一つずつ壁を乗り越えて、元気にすくすくと育ってください!

 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

加太淡嶋神社のひな祭り [和歌山市・海草]

ひな祭りゆかりの淡嶋神社。その総本山である加太淡嶋神社へ行ってまいりました!

s20100303_0955_.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ギョギョギョッ! [和歌山市・海草]

海南 見ーつけた!.jpg

前にも書きましたが、私は火曜日が休みです。

ですので、4日に仕事始めして、またまたお休みでした(^^ゞ

 

この休みを利用して、我が子とそのいとこ達、計4人を連れて、

海南の水族館に行って来ました。

海南 キモイえいさん.jpg

昔は常に大人がそばにいないと泣いちゃうような子だった4人も、

今やすっかり子供同士で水族館を満喫している様子。

ということで、私も私なりに水族館を満喫しようと、魚眼レンズまで連れてきました(^^ゞ

 

海南キモイ魚.jpg

魚って、冷静に考えると、とっても神秘的というか、キモイというか、

不思議な形をしてますよね。

今回は、そういう魚のキモさ加減を意識しつつ撮ってみました。

 

海南キモイ鯉.jpg

ここの学芸員の方が言うには、この水族館ストロボOKなんです!

たいていの水族館、動物園などはストロボNGだったように思います。

だから暗いだろうなあと思いつつ、D90の高感度性能を信じて、

ストロボ持っていかなかったのに・・・でもせっかくだから内蔵のをフル活用しました。

ストロボ炊くと魚以外は暗く沈んで、キモさ倍増(^^ゞ

でも、正面から撮るとモロにガラスにストロボの光が写ってしまう・・・

次回はあまり活用していないSB-900を持って行って、

リモートで横から光り当ててみようっと!

 

海南幻のカード.jpg

ここ、小学生以下は入場無料! しかも今の時期はこういうカードがもらえます。

でも、上の写真のように星がきらきら光ったカードは、№113のこのカードだけだそうです。

いとこの子がゲットしたのを撮らせてもらいました。

よく見ると確かに他のカードはみんなキラキラしない普通のカード。

学芸員のおいやんも「初めてこのカードを見た!」と少々興奮気味に話してくれました。

なんでも、このカードが欲しいがために足繁く水族館に通う子もいるらしい。

 

それにしても、スペシャルなカードな割には、微妙な化石だな・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
和歌山市・海草 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。