So-net無料ブログ作成
検索選択

地名妄想「近露」 [地名妄想]

地名妄想シリーズ№2「近露」

Attention!
このシリーズはあくまで私の独りよがりの理由によって
地名の由来を妄想するものです。
決してまともにとって素直に信じたりせず、
ああ、こういう考え方もあるのか、ふーん。くらいにとどめていただけたら幸いです。

 

20070318133525DSC_0354.jpg

田辺市旧中辺路町近露 「牛馬童子」 盗難事件に巻き込まれる前の写真です!

 

地名妄想シリーズ№2は有田の2つめの妄想説と思わせといて、別の地名です(^^ゞ

近露(ちかつゆ)は、田辺市旧中辺路町にある地名で、熊野古道中辺路の中でも人気の牛馬童子だとか、とがの木茶屋などと近く、開けた盆地上の土地であるため、熊野古道めぐりの拠点として、はたまた新宮方面へ向かう車の休憩スポットとして賑わいを見せている、そういう所です。

近露の地名由来については、熊野古道関係の書籍等によく掲載されているのが、花山院が牛馬童子に近い箸折峠という所で、食事をとるのに箸がないため、仕方なくそこに生えていた萱を折り取って箸の代わりとしたら、萱の赤い部分に露が着いているのを見て、「血か?露か?」といった・・・それからこの地は「ちかつゆか」 ・・・「ちかつゆ」・・・「近露」となった。という話です。

もちろん、これはだじゃれ、言葉遊びのレベルの話で、真実ではないと思うが、割と印象的な話のせいか、和歌山県内の地名由来話の中でもトップクラスに有名な話となっています。

続風土記には、この地の端近に「つい(水を引く堰溝。樋と同義)」があったので、「ちかつい」と呼ばれるようになった。という説が掲載されている。が、僕はこの説は間違っていると思っています。

言葉は時代が下るに従い、大概言いやすい方向へ変遷するものです。

「おかゆさん」→「おかいさん」のように、まず「ちかつゆ」があって「ちかつい」はそのあとに使われるようになったと思ってます。

「近つ飛鳥」「近つ淡海」という言葉があります。「近つ」は「近い方の」の古い言い回しで、僕は「近露」は「近つ”ゆ”」つまり「近い方の”ゆ”」 という意味なんじゃないかと思ってます。

で、その”ゆ”なんですが、近露に温泉でもあれば、都から近い方の”湯”で間違いないと思うんですが、それらしき温泉は見当たらない。(ちかつゆ温泉というのがあり、泉質も良いようだが、これは古来からの温泉ではない。)

ところで、和歌山には「ゆや」「いや」という地名が多い。「ゆかわ」というのも多い。「いや」はおそらく「ゆや」が変化したものだろう。昨年の台風12号で土砂ダムができ、大きな被害を受けた「田辺市(旧大塔村)熊野」も「いや」とか「ゆや」と読みます。

全国に見られる「熊野神社」ですが、これを「ゆやじんじゃ」と読んだりします。熊野は、神々の隠る地、鬱蒼とした森に囲まれた地、奥まった秘境の地・・・と 色々と説はありますが、大体似たような意味となっています。そんな「くまの」と、「ゆや」は一緒の意味を持つ言葉なのではないか?と思うんです。

大体「ゆや」とか「いや」と言う地名を持つ所は山に囲まれた奥まった所が多いです。
(熊野神社があるので「ゆや」という地名になった所も多いですが。)

そして、「ゆかわ」と言う地名を持つ所も山に囲まれた奥まった所が多いです。
(本当に温泉が湧く所もありますが。)

そこから想像するに、「ゆ」と言う言葉に奥まったとか、囲まれたとか、そういう意味があるんじゃないかと思うんです。

近露も、開けてはいますが、四方を山に囲まれた小盆地です。

つまり、「近露」は「近い方の”奥まった所”」なのではないかと思うのです。

いや、もっと言えば「近つ熊野」なのではないかと思うのです。

今は上富田あたりを「口熊野」と言ったりしますが、太古の昔は「近露」が熊野の玄関口だったのではないか?

 

これが僕の妄想説ですが、「近つ”湯”」説も実は捨てきれないでいます。

というのも、熊野の地は大昔活発な火山活動があったと言われ、火山がなくなった現在でも熊野には温泉が多いからです。

近露という地名が生まれた頃には、近露には温泉があったのではないか???という仮説に対して、100%ありえない・・・と断定できないのです。

誰か地質学に詳しい方、近露を調査してくれないかなあ・・・

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。